スポンサーリンク

デニムジャケット・ジージャンの着こなし方やコーデについて紹介!

デニム

春先のライトアウターの定番とも言えるデニムジャケット(ジージャン)ですが、色々なブランドが毎シーズン出してる事やデニムジャケットと一口に言ってもシルエットや形などが様々です。

シルエットや着こなし方によってはおしゃれ上級者に見える着こなし方ができるアイテムですが、着こなし方を間違ってしまうとダサくなってしまいます。

私が持っているデニムジャケットを紹介したうえで、上手な着こなし方とダサくならないポイントを紹介してきます。

 

スポンサーリンク

デニムジャケット(ジージャン)の種類について

デニムジャケットは、アメリカのリーバイス社が作業着として19世紀後半に作ったことが始まりとされています。そんなデニムジャケットには、ファーストタイプ、セカンドタイプ、サードタイプなど年代によって様々な種類があります。ポケットの位置や数量、ジャケットの形・シルエットによって区別されます。

 

ファースト(1st)タイプとは?

出典:http://www.fullcount-online.com/

こちらの形がデニムジャケットの元祖とされる通称「1stタイプ」です。特徴としては、左胸のみにポケットが設けられており後身にはシンチバッグが付いたデザインとなっています。当時のデニムジャケットは作業着として使用されていたので、着丈は短くなっています。

 

セカンド(2nd)タイプとは?

出典:http://www.fullcount-online.com/

1950年代に1stタイプに変わって登場したのが、通称「2ndタイプ」と呼ばれるデニムジャケットです。特徴は、両胸にポケットが付き後身のシンチバッグからサイドアジャスターに変更になった事などが挙げられます。

 

サード(3rd)タイプとは?

出典:http://www.fullcount-online.com/

1stタイプと2ndタイプのデニムジャケットはワークウェアとして使用されていましたが、ファッションアイテムへと変化していく過程で登場したのが、通称「3rdタイプ」です。ポケットもホームベース型になり、着丈も長めになりました。

デニムジャケットと言えばこの3rdタイプを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

 

私が所有する1stタイプのデニムジャケット

f:id:the1991:20200313213132j:image

ブランド FULLCOUNT
モデル 1st TIGHT FIT(1st MODEL)
サイズ 40
オンス 13.7オンス
ジンバブエコットン
カラー インディゴブルー

こちらは私が所有しているフルカウントのデニムジャケットです。リーバイスのファーストモデルを忠実に再現された作りになっております。

もともとファーストモデルのデニムジャケットは、ワークウエアとしての機能性を重視したものなので、着丈が短くアームホールも太いので合わせるのが非常に難しいアイテムです。しかし、このモデルでは、着丈を長めにとり、アームホールなども細めに仕上げることで、様々なコーディネートにも取り入れやすい美しいシルエットになっています。

デニムの生地は13.7ozのジンバブエコットンを使用している為、着込めば着込む程に体に馴染み、自分の体に合った色落ちなどを楽しむことがでます。

 

デニムジャケットを着用する際に気を付けるポイントは?

私がデニムジャケットを着こなす際に気を付けている事は、上着とボトムスはセパレートするという事です。着にデニムジャケットを持ってきたらボトムスは綿パンツ、スラックス、チノパンなどのデニム素材でないボトムスを合わせるようにしています。

上着がデニムジャケットでボトムスもデニムを着用する「デニムオンデニム」スタイルもありますが、デニムの色落ち具合やシルエットなどによっては野暮ったく見えてしまうのでよほどのファッション上級者でない限りはデニムオンデニムはやめたほうがいいと思います。

 

またデニムジャケットを選ぶ際も極端に丈が短いタイプやオーバーサイズすぎるサイズもなるべくは避けた方がいいと思います。可能であれば自分の体型に合うジャストサイズのデニムジャケットを選ぶことをおすすめします。

 

  • 必ず上着とボトムスはセパレートすること
  • サイズ感はジャストサイズを選ぶ

 

デニムジャケットの着こなしやコーデについて

デニムジャケットを着用する上で気を付けるポイントを踏まえ、いくつか着こなし方やコーデについて紹介させていただきます。

 

デニムジャケットに太めの軍パンを合わせたコーデになります。ボトムスが太いのでAラインのシルエットを意識してコーデを組んでみました。デニムジャケットは古着などとも非常に相性がいいのでカーキ色のミリタリーパンツなどと合わせてもいいと思います。

 

デニムジャケットにチノパンを合わせたコーデになります。デニムジャケットはジャストサイズを選んだので、ボトムスが細めでも上着がすっきりしているのでIラインシルエットを意識したコーデになっています。

 

まとめ

デニムジャケットの着こなし方やコーデについて紹介させていただきました。これからの時期には活躍するアイテムですので、お役に立てれば幸いです。

この記事を書いた人
ちゃんべー

デニム・革靴・革小物など経年変化するアイテムの紹介に特化したファッションブログ「経年変化を嗜む」を運営する、北関東在住の30代会社員です。
お問い合わせやお仕事の依頼はこちらからお願いいたします。

ちゃんべーをフォローする
デニム
スポンサーリンク
経年変化を嗜む

コメント

  1. mojah-dub より:

    ファーストよいですね!かっこいいです

  2. the1991 より:

    ありがとうございます。
    2ndと迷って1stにしました

タイトルとURLをコピーしました