経年変化を嗜む

革靴、デニム、革小物の経年変化を発信しています。

MENU

【冬服のケア用品】洋服ブラシのKENT(ケント)はおすすめ!?

f:id:the1991:20210106203515j:image

 

冬は何かとマフラーやニットやウールのスーツなど洗濯できない衣類を多く身に纏う機会が多い季節です。1日着用した衣類を何もケアせずに閉まってしまうと衛生面的にあまりよろしくないので、衣類などを清潔に保つために洋服ブラシなどでブラッシングを行い衣類に付いた塵や埃を落としてあげる事で清潔に保つことができます。

 

先日洋服ブラシで有名な「KENT(ケント)」の白馬毛を用いた洋服ブラシを購入しましたので、洋服ブラシを使用するメリットなどを紹介していこうと思います。

 

 

洋服ブラシとは!? 

f:id:the1991:20210103215326j:plain

 

洋服ブラシは自宅で簡単に洋服を手入れすることができるアイテムです。洋服の生地に付いた塵・埃などを掻き出して汚れを落とす事や毛玉防ぐ事ができ、大事な洋服を長く清潔に保つためには無くてはならない存在です。

 

洋服ブラシには様々な種類や形があり、中でも一番購入する時に悩むのはブラシに使われている毛の種類だと思います。洋服ブラシに使われる「毛」は大きく分けて豚毛馬毛の2種類あると言われています。豚毛の毛は硬めにできており、ウール素材の厚手のコートやツイードなどのジャケットなどの衣類に適しているとされています。馬毛の毛は非常に柔らかく、カシミアやウールなどデリケートな衣類をブラッシングするのに適しています。

 

間違った洋服ブラシを使用してしまうと生地を傷めてしまう恐れや塵や埃を取り除くことができない可能性もあるので、洋服ブラシを使う衣類の生地を確認してから洋服ブラシは購入することをおすすめします。

 

イギリスの老舗KENT(ケント)の洋服ブラシを購入レビュー

f:id:the1991:20210103215329j:plain

 

私はイギリスの老舗ブランド「KENT(ケント)」の白馬毛を使用した洋服ブラシを購入しました。ケントというブランドはアメリカが独立宣言をした1776年の翌年の1777年にイギリスで創業したブランドです。同じイギリスの老舗ニットメーカーのジョンスメドレーの創業が1784年なので、それよりも数年早く創業した老舗中の老舗ブランドです。

 

静電気防止機能付き

f:id:the1991:20210103215333j:plain


こちらのブラシは天然の白馬毛を使用しており、上の写真の真ん中に黒い毛が混ざっているのが分かるでしょうか?この黒い毛は、静電気除去繊維が混紡されているのでブラッシングを行う事で静電気から洋服を守ってくれる効果があります。

 

価格がリーズナブル 

私は「ケント 静電気除去洋服ブラシ(品番KNC3422)」という商品を購入しましたが、生産国が「日本」となっています。これは、「池本刷子工業」という会社がケントとライセンス契約をしているので、日本国内に流通しているケントの洋服ブラシはライセンス契約をしている池本刷子工業が生産しているので日本製ということになっています。決してイギリス製ではないから偽物という分けではないので、安心して購入して問題ありません。

 

安心な日本製のアイテムで天然の白馬毛を使用した洋服ブラシなので1万円以上するかと思いきや価格は3000円台~4000円台で購入することができるので財布にも非常にやさしいです。

馬毛・豚毛どちらを購入したらいいのか?

私は主にニットセーターやウールのスーツに使う目的で購入したので、馬毛の洋服ブラシを購入しました。ツイードのジャケットや厚手のウールコートなどをお持ちでないのであれば、はじめは様々な衣類に使えて万能な馬毛の洋服ブラシから購入する事をおすすめします。

 

まとめ

洋服を長持ちさせるための必須アイテム「洋服ブラシ」を紹介させていただきました。洋服ブラシはマフラー・スーツ・コート・ニットなど普段なかなか洗えない衣類を簡単に手入れできるアイテムなので、一家に1つ置いておいてもいいのではないでしょうか。