経年変化を嗜む

革靴、デニム、革小物の経年変化を発信しています。

MENU

ハリソンのロングホーズソックスはビジネスマンにおすすめ!?

f:id:the1991:20210214212334p:image

以前にドイツ人の義理のお兄さんから、「FALKE(ファルケ)」という1895年にドイツで設立したブランドのロングホーズソックスを貰い仕事の時に履いていましたが、ロングホーズの靴下の虜になってしまい今回新たに国産のロングホーズソックスを購入してきました。

今回は日本のブランド「HALISON(ハリソン)」のロングホーズ靴下を購入したので、紹介させていただこうと思います。

 

 

HALISON(ハリソン)とは?

f:id:the1991:20210209125814j:image

 

HALISON(ハリソン)は、1925年に日本で靴下を製造するブランドとして創業しました。創業以来日本製を貫きその品質の高さから様々なブランドのOEM供給なども行っています。私はちょっと前までイギリスの老舗靴下ブランドなのかなと勘違いしていましたが、日本製です(笑)ハリソンの靴下で人気なのがアーガイル柄の靴下とロングホーズの靴下です。今回はロングホーズの靴下を2種類購入したので紹介していきます。

 

ロングホーズとは? 

f:id:the1991:20210209125801j:image

 

ロングホーズ(long hose)とは、上の写真のように膝下までくる長さの丈の靴下を指します。日本ではなかなか馴染みがないかもしれませんが、ビジネスでもフォーマルでも、スーツにはロングホーズの靴下を履くのが世界標準です。日本ではふくらはぎにかかる丈の靴下がビジネス向けやフォーマル向けとして多く流通していますが、スーツに合わせる靴下の丈はロングホーズが正式であることは覚えておいた方がいいかもしれません。

 

ロングホーズを履くメリットについて

  1. 素肌を見せない
  2. 靴下がずり落ちない
  3. 衛生的にもパンツにも良い

 

1、素肌を見せない

足を組んだときに靴下とパンツの間から素肌が見えるのはスーツ文化が生まれたヨーロッパ圏では失礼に当たる行為とされています。最近はパンツの丈も短めが流行っているので、足を組んだ際などに素肌が見えてしまう恐れがあります。ロングホーズの靴下を履いていれば膝下まで肌を隠してくれるのでよっぽどの事が無ければ、素肌が見えることはありません。

 

スーツを着用するオフィシャルな場では、黒や紺などの無地のロングホーズ靴下を履くことをおすすめします。

 

2、靴下がずり落ちない

日本で多く流通しているふくらはぎにかかる丈の靴下を履いていると途中でずり落ちてくるなんて経験をした事はあるのではないでしょうか。ところがロングホーズの靴下は膝下まで長さがありふくらはぎを覆っているので、ずり落ちにくい作りになっています。

 

靴下がずり落ちてたるんだ状態ですとだらしない印象を与えてしまいますし、靴下をたくし上げる仕草もマナー違反に当たってしまいます。ロングホーズの靴下であればそんなことは気にせずに履くことができます。

 

3、衛生的にもパンツにも良い

スーツと肌が直接接する肌着などを着ていない箇所などは、汗や皮脂などがスーツの生地に付着してしまいます。洗えるウォッシャブルのスーツではなくウール100%のスーツなどはなかなか洗濯機などでは洗う事が出来ないので、雑菌などが繁殖してしまい生地を傷めてしまう恐れがあります。

 

スーツを清潔に保つために肌着を着る事も重要ですが、靴下をロングホーズにする事によって肌とスーツが触れる面積を減らす事が出来ます。スーツを衛生的に保ち長持ちさせるためにもロングホーズの靴下を履く事をおすすめします。

 

購入したハリソンのロングホーズ

f:id:the1991:20210209125746j:image

 

ハリソンのロングホーズ靴下を混率違いで2種類購入したので、簡単に紹介していこうと思います。いずれもスーツに合わせやすい紺色の無地の靴下にしました。

 

ウール100%の靴下

f:id:the1991:20210209125701j:plain
f:id:the1991:20210209125635j:plain

 

  • 品質:ウール100%
  • 素材:ファインメリノ
  • 色:ネイビー

 

上質なウール素材のトラウザーズを履いても、靴下が綿や合繊では正統派なクラシックスタイルとは言えません。本当の紳士はウールのスーツにはウール100%の靴下を履くのが正統派なのではないでしょうか。

 

ウールと聞くと秋冬しか履けないのではと思う方もおられるかもしれませんが、冬はウール素材の保温性で暖かく、夏場は吸湿性と発散性に優れた素材なので爽やかにオールシーズン着用することができます。

 

また、ウールの特性で消臭効果があり匂いが気にならないのも特徴です。

 

ナイロンとコットン混の靴下

f:id:the1991:20210209125728j:plain
f:id:the1991:20210209125723j:plain
  • 品質:コットン×ナイロン
  • 素材:スーピマ綿
  • 色:ネイビー


こちらの靴下は素材には高級スーピマ綿を使用しており、非常に細い糸(細番手84番双糸)で仕上げた事によって美しい光沢感がある靴下です。

 

革靴がタイトなフィッティングで履いているので、厚手の靴下だと窮屈になる恐れがあるのでハリソンの薄手タイプのロングホーズソックスを選びました。薄手ですが網目はしっかりと詰まっているので肌が透けることはありません。

 

まとめ

ハリソンのロングホーズ靴下を2種類紹介しさせていただきました。1足1500円前後しますが、ここぞという時の為に1足は持っておいてもいいのではないでしょうか。