スポンサーリンク

【隠れた名品】トリッカーズのモンキーブーツ レビューとエイジング報告

革靴

以前「トリッカーズのストウ(モールトン)の履き心地や経年変化について」というタイトルで、カントリーブーツのレディースモデルL5180についてご紹介しました。カントリーブーツのレディースモデルは、メンズに比べてウィズ(足囲)が狭くすっきりとしたフォルムでした。興味のある方はぜひそちらの記事も見てみてくださいね。

今回は、トリッカーズのメンズモデルからモンキーブーツをご紹介します。

 

スポンサーリンク

Tricker’s(トリッカーズ)モンキーブーツとは?

カントリーブーツで人気なトリッカーズですが、今回はモンキーブーツ(モデル名:イーサン)を紹介していきます。

超定番カントリーブーツに並ぶ人気モデル

190年を超える歴史を持つトリッカーズ。製靴業の聖地イングランド・ノーサンプトンの中で最も歴史ある靴メーカーです。世界中で愛されるトリッカーズの靴は、創業時より変わらず、すべてノーサンプトンの工場で作られています。

一人の職人が最初から最後までを製造する「ベンチメイド製法」で作られる靴。内側には1点1点、職人さんの手書きで品番やサイズが書かれています。

トリッカーズと言えば「カントリーブーツ」が代名詞となっていますが、今回ご紹介する「モンキーブーツ」も人気があります。両方所有し使い分けている方もいるのではないでしょうか。

モンキーブーツの推しポイント

モンキーブーツの推しポイントを、カントリーブーツとの比較から見てみます。

モンキーブーツ

出典:https://www.locondo.jp/shop/commodity/SRWK0743D/TR1748BM10100/?xadid=pla001&gclid=CjwKCAiA866PBhAYEiwANkIneP_qLC-cl2Mrtt1qqUUnRQAdvqld2cqI_8dA6Vj84kG3oVfuSF5E-BoCym8QAvD_BwE

 

カントリーブーツ

出典:https://www.locondo.jp/shop/commodity/SRWK0743D/TR1748BM10116/?xadid=pla001&gclid=CjwKCAiA866PBhAYEiwANkIneMsufLb-6wC-lb1Cn9lFIRqsxug-GZuUR4i1rt5PuRgc5wmERIFmiBoCrxQQAvD_BwE

 

モンキーブーツは以前は9ホールの背の高いモデルがあったようですが、現在は7ホールが主流です。外羽根が長く、つま先の方まで紐が通っているのが特徴。モンキーの名前の由来は正面から見た時に猿の顔に見えるからだそうです(諸説あり)。言われてみれば猿の顔に見えるような・・・?

つま先のメダリオンが象徴的なカントリーブーツに比べると、モンキーブーツは装飾が少なくシンプル。立体感があり、上質な革の美しさと力強さが際立つデザインです。外羽根の分、横からのフォルムはモンキーブーツの方が厚みがありぽってりしています。カントリーブーツよりもカジュアルな雰囲気で履くことができ、デニムスタイルによく合います。ロールアップしてちょっと目立たせてみても良いですね。

 

履き心地は?

トリッカーズのモンキーブーツ「M6077」の履き心地について触れていこうと思います。

M6077について

ブランド Tricker’s
品番 M6077
モデル Ethan(イーサン)
カラー MARRON

頭の「M」はメンズのMです。色はマロン。赤みのある明るめのブラウンで、合わせやすく、暗い色が多くなりがちな秋冬コーデのワンポイントになります。

つま先の方からしっかり紐を締めることで足にフィットして歩きやすくなります。脱ぎ履きは少し大変ですが大事なポイントです。

ダイナイトソールが似合うのもこのモデルの特徴。ダイナイトソールはイギリスのハルボロラバー社製のラバーソールです。ラバーソールはグリップ力と弾力があり、レザーソールに比べると滑りにくく疲れにくいです。履き初めから歩きやすいので革靴初心者にはおすすめです。ソールは交換ができますし、ソールが違うだけで全体の雰囲気が変わりますので、自分に合ったソールを探してみてくださいね。

 

やはり硬いが・・・ジャストサイズがおすすめ

モンキーブーツに限ったことではありませんが、トリッカーズの革は硬いです。履き初めは硬くて疲れることもありますが、徐々に革が馴染み、ソールも馴染んできますので、スニーカーのような「ちょっと大きめ」ではなくジャストサイズを購入することをおすすめします。

 

購入後2年での経年変化

ここからは、筆者ねこすけの夫が所有するモンキーブーツの経年変化を見ていきます。

Before

新品ではなく、古着屋で状態の良いユーズドを購入しました。

購入時の写真です。

 

After

購入後2年での変化を見ていきます。

少し色ムラや履きジワが見られますね。秋〜春、週に1、2回くらいのペースで履いていますが、まだあまり大きな変化はないかもしれません・・・。

 

メンテナンスは年に数回、今はモウブレイのシュークリーム「ニュートラル」を使用しています。また基本的に雨の日は履かないのですが、念のため防水スプレーをしています。

夫も私も革のメンテナンスは試行錯誤中。どんな風にエイジングさせていこうか考え中です。

 

まとめ

前回はレディースのカントリーブーツ、今回はメンズのモンキーブーツをご紹介しました。形も色も違うモデルをご紹介していますので、ぜひ両方読んでみてくださいね。
ツヤツヤに磨いても、潰す感じでガンガンに履いても格好良いエイジングが期待できるのがトリッカーズ。どんな風に育てていこうか考えながら、焦らずゆっくり付き合っていきたいと思います。

この記事を書いた人
ねこすけ

東京在住、会社員。
ブーツ、革小物、眼鏡、ヴィンテージの服や家具が好き。
ものと一緒に成長していく感覚を大切にしています。

ねこすけをフォローする
革靴
スポンサーリンク
経年変化を嗜む

コメント

タイトルとURLをコピーしました