スポンサーリンク

ブランドストーンのサイドゴアブーツ(550)コーデや着こなしを紹介

革靴

これから梅雨の時期に突入しますが、雨の日でもガンガン履けるサイドゴアブーツを購入しました。オーストラリア発祥のワークブーツブランド「Blundstone(ブランドストーン)」のサイドゴアブーツ「CLASSICS」というモデルです。

非常に特徴的なデザインなのである程度ファッション感度が高い人ならどこかで見たことがあるのではないでしょうか?

そんなブランドストーンというブランドの歴史や特徴についても触れながら、ブランドストーンのブーツを使用したコーデや着こなし方を紹介していこうと思います。

 

スポンサーリンク

Blundstone(ブランドストーン)とは?

出典:https://blundstone.jp/

Blundstone(ブランドストーン)は、1870年オーストラリアの南東部に浮かぶタスマニア島でジョン・ブランドストーンによって設立しました。地元産のレザーを使用したブーツの生産に取り掛かり、第二次世界大戦時はオーストラリア軍に約50万足のブーツを供給していた実績もあるなど非常に信頼性の高いブランドです。

1960年代に両サイドに伸縮性のあるゴア素材を使用したサイドゴアブーツ「ORIGINALS」シリーズを発売しました。着脱し易い事や丈夫で履き心地が優れていたので労働者の作業靴やアウトドア用の靴として人気を博していきオーストラリアだけでなく50ヶ国以上の国で愛されるブランドへと成長していきました。

 

ブランドストーンの定番ラインナップ

現在、ラインナップはORIGINALSシリーズ、CLASSICSシリーズ、DRESSシリーズ、THERMALシリーズに大きく分けられます。特徴について簡単に紹介させていただきます。

 

ORIGINALSシリーズ

出典:https://blundstone.jp/

ORIGINALSは伸縮性の高いサイドゴアやクッション性の高いソールが採用されたブランドストーンを代表するモデルとなっています。

通常、革靴やブーツなどはソールとアッパーを縫い合わせて結合しますが、ブランドストーンのブーツはインジェクション製法と呼ばれるソールとアッパーを結合する際に縫い目出ないような方法で取り付けられているので水が浸入しにくい構造になっています。

 

CLASSICSシリーズ

出典:https://blundstone.jp/

ORIGINALSの上位シリーズに当たるのがCLASSICSになります。ORIGINALSとの違いはブーツの内側のライニングにレザーを使用している点やインソールにブランドストーンが独自開発したクッション材を採用している事などが挙げられます。

ライニングにレザーが使われていたりクッション材を採用する事によってブーツの着脱がし易く履き心地が向上したモデルとなっています。

 

DRESSシリーズ

出典:https://blundstone.jp/

ブランドストーンのDRESSシリーズは、先ほど紹介したCLASSICSに比べてブーツの横幅や甲高を全体的にスリムなシルエットにしたモデルになります。ドレスシーンで履く事を想定して作られたモデルなので、CLSSICSシリーズなどのワークブーツ特有のボリュームがあるぽてっとしたシルエットが苦手だという方にはおすすめなアイテムとなっています。

 

THERMALシリーズ

出典:https://blundstone.jp/

ブランドストーンのTHERMALシリーズは寒冷地で履くことを想定し、防寒性能を向上させモデルとなっています。インソールにはボアタイプのシープスキンを採用し、アッパーの革の内側には薄くて軽量な断熱素材を使用するなど随所に防寒性能が散りばめられています。防水性能も高いので雪などが多い地域にお住いの方やアウトドアで寒い地域に行く方には重宝するモデルとなっています。

 

私が購入したブランドストーンは!?

ブランド Blundstone
モデル CLASSICS
Walnut
品番 550
素材 牛革(スムースレザー)
サイズ

ブランドストーンの定番モデル「ORIGINALS」の上位モデルに位置する「CLASSICS」のブーツを購入しました。色はブラウン系の「Walnut(ウォールナット)」をチョイスしました。

これから大型バイクを迎えるに当たってクロケット&ジョーンズのブーツしか所有していなかったのと梅雨の時期に履ける革靴やブーツを探していたところにタイミングよくブランドストーンのブーツがお店に陳列されており、試着したところ気に入り購入に至りました。

 

アッパーに使用される革について

アッパーの革にはオイルを浸み込ませた上質なスムースレザーが使われており、履きこむ前の新品の状態だとマットな仕上がりになっています。オイルを多く含んだ革を使用しているので、履きこんでいくうちにスムースレザー特有の経年変化をしていき武骨なワークブーツへと育っていくのもブランドストーンのブーツが人気な理由の一つでもあります。

 

ブランドストーンの着こなしやコーデについて

ブランドストーンのブーツは基本的にどんなボトムスにも合わせやすいので、1足持っていると非常に重宝するアイテムだと思います。いくつか着こなしやコーデを紹介させていただきます。

 

ミリタリー色強めのM47パンツを合わせたコーデです。ブランドストーンのブーツ自体にボリュームがあるので、太いボトムスとも相性が良いです。ブランドストーンのブーツを合わせるなら太めのボトムスを履いておけば間違いはありません。

 

デニムなどのボトムスとも相性が良く、私はくるぶしが見えるくらいの短めの丈でブランドストーンのブーツを合わせるのが個人的に好きです。ゴリゴリのエンジニアブーツと比べて丸くぽてっとしているおり柔らかな印象のブーツなのでキャラを選ばず履けるのがブランドストーンのいいところでもあります。

 

比較的細目のチノパンを合わせたコーデになりますが、細身のボトムスともブランドストーンのブーツは相性が良いです。足下にスニーカーだとカジュアル過ぎるが、革靴を合わせるほどではない時などにブランドストーンのブーツは1足持っていると重宝します。

 

まとめ

オーストラリアのワークブーツブランド「Blundstone(ブランドストーン)」のサイドゴアブーツ「CLASSICS(クラシックス)」の購入レビューと着こなしについて紹介させていただきました。

ブーツのアッパーに使用される革はオイルを多く含んだスムースレザーを使用しているので、履き込む毎に色が深くなり独特な経年変化していくことでも有名です。履き込みを続けていき定期的に経年変化の様子をお伝えできればと思います。

この記事を書いた人
ちゃんべー

デニム・革靴・革小物など経年変化するアイテムの紹介に特化したファッションブログ「経年変化を嗜む」を運営する、北関東在住の30代会社員です。
お問い合わせやお仕事の依頼はこちらからお願いいたします。

ちゃんべーをフォローする
革靴
スポンサーリンク
経年変化を嗜む

コメント

タイトルとURLをコピーしました