経年変化を嗜む

革靴、デニム、革小物の経年変化を発信しています。

MENU

【15ヶ月経過】Resolute(リゾルト)712のデニム 色落ち・エイジングレポート【900時間経過】

f:id:the1991:20200616124312p:image

本日は購入し履き込み開始から15ヶ月が経過したリゾルト712の経年変化の様子お伝えしていきます。

 

 

 

穿き込み方法について

f:id:the1991:20200226214055j:plain

リゾルト712

 

このリゾルト712は、根性履き(洗わずに何年も履き続ける)はせずに、時期と頻度にもよりますが2~3カ月履いたら、家庭用の洗濯機で洗濯を行っています。

 

淡いアイスブルーのデニムの育て上げていこうと思います。

 

また、洗う際も裏向きではなく表向きでチャック・ボタンは全て閉めて洗濯ネットなどに入れずガンガン洗ってます。

 

f:id:the1991:20200228200300j:image

このランドレスのデニム用洗剤を使って洗濯しています。匂いもきつくなく気にいっています。

 

 

 

リゾルト712の穿き込み時間について

 

次に私の穿きこんでいるリゾルト712の穿き込み時間をざっくり計算していきたいと思います。

 

しかし、15ヵ月といっても、毎日デニムを穿き込む人の15ヵ月と、週末のみデニムを穿きこむ人の15ヵ月では、着用時間が大幅に異なってくると思います。

 

その為、着用期間ではなく着用時間を割り出しそれをものさしとしていきたいと思います。

 ・1日の穿き込み時間は、朝起きてから夜お風呂に入るまでの15時間とします。

・1週間のうち穿き込む日は週休2日のサラリーマンの為、1日とします。

 (他のデニムや他のパンツを穿く日もある為) 


これにより導き出した数式に、数字を入れていきます。
15(ヶ月)×4(月あたりの履き込み日)×15(1日当たりの履き込み時間) =900時間

 

リゾルト712のデニムは900時間穿き込んでいると言う事になります。

(時間はあくまで目安です。正確な時間ではないのでご了承下さい)

穿き込み開始から15ヶ月が経過し900時間は少ない気もしますが、休みの日にしかデニムを穿き込む事ができないスーツが仕事着のサラリーマンには妥当な数字かもしれません。

 

15ヵ月(900時間)穿き込んだリゾルト712

f:id:the1991:20200226214000j:image
f:id:the1991:20200226213957j:image

 

穿き込み当初の写真などがあれば比較できたのですが、ブログを始めるなんて思ってもいなかったので写真を撮っていませんでした。申し訳ございません。

 

全体的に濃い紺から、淡い色へと移り変わっている途中です。膝部分の色落ちの進行が速い気がします。あとはリゾルト特有のねじれも出ていています。

 

バキバキのアタリを望んではいないので、うっすらと青いデニムに育っていけばいいなと思います。


f:id:the1991:20200226214049j:image

 

股の部分にうっすらですがヒゲがついてきました。

全体的に青く色落ちが進んでいるので、ヴィンテージデニムのようにメリハリのあるヒゲはつかなそうです。

 

 

 

f:id:the1991:20200226214129j:image

 

左バッグポケットにアタリがくっきりと出てきてます。

 

穿き込む際に、ニベアの青缶を入れています。特に理由はありませんが、インスタグラムなどで海外のデニムを履き込んでいる方々の写真を見るとこういったアタリがでていたので真似してみました。

 

右のバッグポケットには普段スマートフォンを入れているので、出し入れの際にデニムが擦れるのでポケットの上部が色落ちいています。

 

 

 

穿き込み15ヶ月(約900時間)経過した、リゾルト712を紹介していきました。

引き続きリゾルト712を穿き込んでいきデニムの色落ち経過を報告できればと思います。

 

 ◆合わせてお読みください◆

 

www.the1991.info

www.the1991.info

www.the1991.info