経年変化を嗜む

革靴、デニム、革小物の経年変化を発信しています。

MENU

スコッチグレインの革靴は新入社員におすすめ

新入社員の方がそろそろ初任給をもらい、身なりを整えだす時期だと思い

本格的な革靴のエントリーモデルを探している方に向けて記事を書ければと思います。

 

今日紹介するのは、スコッチグレインの革靴です。

 

スコッチグレインとは?

1964年に創業したヒロカワ製靴が展開するブランドが、スコッチグレイン。

このスコッチグレインというブランドは、東京の墨田区にある工場で靴職人達が生産しており、国内生産にこだわり、日本人の足に合った靴を作っている。

 

また、革靴の素材選びには一切の妥協がなく、社長自らが世界中を飛び回り一流タンナーと交渉し買い付けをしている。

 

そんな一流の素材と一流の靴職人とで作る高品質な革靴を供給しているブランドです。

 

 

また、スコッチグレインにはグレードがいつくか存在します。

 

・EXECTIVE GRADE(Imperial Series)

最高級なカーフを使用した、スコッチグレインの最上位グレード。

価格帯は5万~6万円前後です。

 

・PREMIUM GRADE

スコッチグレインのブランドをより追及したい方向けのグレードになっています。

価格帯は4万円前後です。

 

・STANDARD GRADE

スコッチグレインのエントリーモデルになっています。初めて革靴を購入される方やスコッチグレインの革靴が初めての方はこちらのグレードから。

価格帯は3万円前後です。

 

 

私が購入したスコッチグレイン

 

f:id:the1991:20200414201439j:image

 

ちなみに私が購入したのは、STANDARD GRADEのベルオム・マーブルというストレートチップの革靴です。

 

品名 / ベルオム・マーブル 756DBR(E)

色  / ダークブラウン 

ウィズ / E

サイズ / 25

製法  /  グッドイヤーウェルト製法

甲革 /  国産カーフ

中底 /  牛革

表底 /  トップゴムレザーソール

価格 / 28,800円(+税)

 

購入したのが、確か2014年くらいだったと思います。

(うろ覚えですいません)

かれこれもう6年くらい履き込んでますが、まだまだ履き込めそうです。

 

 

f:id:the1991:20200414201445j:image

 

他の革靴同様に、ハーフラバー仕様にしています。

さすがに6年という歳月でラバーもすり減ってきています。

 

 

f:id:the1991:20200414201503j:image

 

かかとのラバーは何度かリペアを行っています。

 

 

f:id:the1991:20200414201517j:image

 

かかとのすり減りが激しいのでまたリペアに出さないといけないです。

 

あと茶系の革靴を履いてて気を付けている事が、雨の日には絶対履かないようにしています。

雨でシミができてしまい革にも良くないですし、見栄えも悪くなってしまいます。

初めのころは気にせず雨でもガンガン履いてて、ふと気が付くとシミになっていてショックを受けた記憶があります。

 

雨の日は黙ってサンダース履きましょう!

 

www.the1991.info

 

 

f:id:the1991:20200414201528j:image

 

 磨けば磨くほど味が出るスコッチグレイン。

本格革靴のエントリーモデルとして一番おすすめしたい一足です。